newmo「ニューモ」 >MENU

newmo「ニューモ」オススメ求人
銀座8丁目の高級クラブビルで、オープニングメンバーを募集します / CLUB Mystique


業界用語集
「聞いたことはあるけど何だろう?」「実際それってどういう意味?」そんな業界用語をnewmoが徹底解剖!

性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律
性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律(せいどういつせいしょうがいしゃのせいべつのとりあつかいのとくれいにかんするほうりつ、平成15年7月16日法律第111号)は、性同一性障害者のうち特定の条件を満たす者に対して、家庭裁判所の審判を経ることによって法令上の性別の取り扱いを性自認に合致するものに変更することを認め、戸籍上の性別記載を変更できるものとした日本の法律である。性同一性障害特例法・性同一性障害者特例法、あるいは単に特例法とも呼ばれている。2004年(平成16年)7月16日に施行された。

ここでいう性同一性障害者とは、専門的な知識を有する医師2名以上によって「性同一性障害」の診断を受けている者であり、日本精神神経学会の「性同一性障害に関する診断と治療のガイドライン」における定義と概ね一致している。 上記定義による性同一性障害者が次の5つの条件を満たすとき、家庭裁判所の審判によって許可を得れば性別の変更が認められる。

   20歳以上であること
   現に婚姻をしていないこと
   現に子がいないこと
   生殖腺がないこと又は生殖腺の機能を永続的に欠く状態にあること
   その身体について他の性別に係る身体の性器に係る部分に近似する外観を備えていること

4, 5の条件は、性別適合手術を受けていることに概ね対応すると言えよう。

<前の用語|用語一覧 |次の用語>


一番上へ▲


MENU トップページ
求人情報
ご利用案内
会員登録について
お仕事ナビ|業界用語集
特集一覧
動画求人特集|注目求人特集
お問合せ|掲載について


newmoフィーチャーフォン版一部機能終了のお知らせ



トップページ|一番上へ▲



利用規約|プライバシーポリシー
掲載について|お問い合わせ
newmo「ニューモ」 (C) 2014 newmo All rights reserved.